肝斑の治療

Pocket

肝斑肌の悩みの1つとして肝班が生じてしまうことがあります。こちらは頬部に左右対称のシミがぼんやりと広がった状態で生じてしまうものです。こちらはホルモンバランスが影響してできてしまうことがあります。30代から40代の方にできやすくなっています。

こちらを治療する方法としては、たとえばケミカルピーリングがあります。こちらはピーリング剤の力を用いることによって、古くなった角質を取り除くことができます。これによって肌のターンオーバーを促すことができるのです。このケミカルピーリングでは毛穴のつまりやくすみを解消することができたり、肌のざらつきを改善させることもできるのです。その結果として透明感のある肌を実現することができるでしょう。

あるいはイオン導入という方法を用いて治療することもできます。イオン導入というのはさまざまな栄養素を肌に浸透させることです。これによって、いろいろな効果を実感することができるでしょう。たとえばビタミンCを導入することによって、シミやくすみ、たるみを改善させることができるのです。ほかにもトラネキサム酸やPQQといったものを導入するケースもあります。美容成分をイオン化することによって、肌の中に浸透しやすくするという治療です。最後にニキビの治療について紹介します。